top of page

BIOGRAPHY

1998年ヴォーカルのナガシマトモコと”orange pekoe”を結成。2002年1stアルバム«Organic Plastic Music»で数々の賞を受賞。
2011年からソロの活動を本格化。ギタリスト、コンポーザーとしてインストゥルメンタル・アルバムを4枚リリース(2011年«SUN DANCE»、2012年«Dialogues»、2014年«My Native Land»、2016年«FLOW»)。

近年はリーダーバンドとして林正樹(pf)、西嶋徹(cb)、福盛進也(dr)を迎えての演奏活動のほか、国内外の様々な音楽家とのコラボレーションを展開。

また共演作品も多数あり、レコーディングや舞台などプロジェクトへの参加、プロデュースや楽曲提供などボーダーレスに活動。

最新共演作品は、2021年”Remboato”のメンバーとして«星を漕ぐもの»、2022年に畠山美由紀(vo)との«夜の庭»、2023年1月"林正樹 Group"のメンバーとして«Blur the border»、2023年5月に伊藤志宏(p)との«風の旅立ち»など。

その音楽性は、自己の内面を投影したメロディアスなオリジナル楽曲とリリカルなギター演奏のアプローチを中心としている。

© 2020 Kazuma Fujimoto

bottom of page